人生で大切なものは何か?365日のシンプルライフ

こんにちは。

家事代行であなたの大切な時間をつくるお手伝い

創業33年、リビング・ラボ代表の大島愛子です。

 

 

お正月三が日も終わり

今日から通常運転という方

まだまだお休みが続く方

それぞれの暮らしがありますね。

 

 

わたしはお正月は

初詣しか出掛けてなくて

部屋の片づけやら掃除をしてたら

あっという間にお休みが終わりました。

 

 

今日から仕事はじめ!

はりきっていきたいと思います^^

 

 

 

 

 

お休みの間、スタッフさんに教えてもらった

 

 

おススメ映画を観ました。

amazonプライムでレンタルしてた!便利―

 

 

フィンランド映画『365日のシンプルライフ』。

あなたのモノから、あなた自身が見えてくる

そんなコピーの映画です。

 

 

ドキュメンタリーのような感じで

監督・脚本・主演を務めるペトリという青年の

実体験から生まれたそう。

 

 

物語


26歳のペトリは彼女に振られたことをきっかけに

モノで溢れた部屋には自分の幸せはないと感じ

自分の持ちモノ全てをリセットする“実験”を決意する。

ルールは4つ。

①持ちモノを全て倉庫に預ける

②1日に1個だけ持って来る

③1年間、続ける

④1年間、何も買わない

毎日モノを1つ選ぶたびに、自分自身と向き合うペトリ。

「人生で大切なものは何か?」

究極のシンプルライフから見えてくる。

 

 

最初は真っ裸の主人公、

1つずつ何を選んでいくと思いますか?

自分だったら…と思わず考えちゃう!

 

 

おばあちゃん、きょうだい、

友だち、ガールフレンド…

様々の人との関わりの中で

主人公が選んでいくモノ。

 

 

映画の中には名言がたくさん出てきて

なかなか考えさせられます。

 

 

「部屋はモノだらけだったが

心は空っぽだった」

 

 

「何が本当に必要かは自分で決めないとね」

 

 

「持っているモノの多さで幸せは計れない

人生はモノでできてない

別の何かが必要だよ」

 

 

 

軽快にリズム良く進んでいくので観やすい映画です。

 

 

選ぶモノを通して考える、人生で大切なもの。

年の始めに、ちょっと考えるきっかけになる映画かな、と。

よかったら観てみてください^^

 

 

片づけ、整理収納、断捨離…

色々やり方はありますが

モノを選ぶって、自分と向き合って決めていくこと。

今年はそのサポートをするサービスでも

もっとお客さまのお役に立てるように

頑張っていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

■リビング・ラボのサービスメニューはこちら★★★
■現在募集中の講座はこちら★★★

 

 

代表の大島でした

 

 

ランキングに参加しています。

応援していただけると嬉しいです^^

PAGETOPへ